http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5-%E6%A3%AE%E5%B2%A1-%E3%83%9E%E3
%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8D-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/B00RGF17VI/ref=sr_1_1/375-2995383-6400258?s=music&ie=UT
F8&qid=1424389581&sr=1-1&keywords=%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E5%85%B8%E5%AD%9

■ニューアルバムCepage(セパージュ)の紹介
(「新刊JP」インタビュー記事より抜粋)

前作リリースから4年振りのセカンドアルバムになります。
タイトルのCepage(セパージュ)は、元々はワイン用語から来ており、「ワインに用いるブドウの配合割合」という意味を持ちます
そこからイメージを膨らませて、「アルバム参加メンバー5人の個性の融合」というコンセプトを導き出しました。私自身ワインが
大好きなので、ニューアルバムには是非ワインにちなんだタイトルを、と思っていました。
本作では、トータルプロデュース及び全曲アレンジを、日本のトップジャズドラマー大坂昌彦氏にお願いしました。バンドも大坂
氏のバンドです。ドラムリーダーユニットによるタイトなサウンドとのコラボレーションにより、私の新たな一面が引き出されたと
思います。
内容についてですが、根底には正統派のヴォーカル・アルバムとしての流れを大事にし、王道を追求しつつも、そこに斬新なア
レンジを取り入れ、最新のトレンドを組み込んだアグレッシブな側面も併せ持つ内容となっています。コンテンポラリージャズア
レンジの曲にも挑戦するなど、幅広い層にアピールできる、個性ある作品に仕上がっていると思います。洗練・繊細さと骨太・
肉厚なサウンド、この2つの相反する特徴が、大坂氏の類い稀なるプロデュース力により、新鮮な調和を生み出しています。
収録曲のうち、Taking a chance on loveやOrange colored sky、Stars fell on Alabamaなどは、まさしくヴォーカルジャズファンが
安心して楽しむ事の出来るクラシカルなテイストに包まれており、私らしさが前面に出ていると思います。一方、3曲目のWaltz
for Debbyに於いては、深淵な世界に引き込まれていくような、ドラマ性のある作りになっており、アルバムタイトルのCepage
「感性の融合」が色濃く反映された楽曲になっています。また、8曲目のSummertimeは、従来の概念を覆す解釈によるアレンジ
で、アルバム全体のスパイス的役割を担っています。唯一のバラード曲「Detour Ahead」は、ベースの島田剛氏との緊張感の
ある対話が、聴き応えのあるナンバーになっています。

今回のアルバムは、下記Amazonサイトからご購入頂けます。

2015年1月11日リリース
「Cepage(セパージュ)」
下記Amazonサイトから購入出来ます。
Top
Top
Top
Top
Top
Top
Top
5月13日(水)より、私のニューアルバム『Cépage(セパージュ)』のハイレゾ配信がスタートしました。
http://www.e-onkyo.com/music/jazz/
是非ダウンロードしてお楽しみ下さい!
また、下記のサイトでは試聴も可能です。
http://ototoy.jp/_/default/p/51172

下記の曲名をクリックすると、CDの収録曲の一部が試聴できます。

【YouTubeで試聴する】
I Concentrate On You
Whisper Not
Street Life